AGAの治療期間はどれぐらい必要とされているか?

 

薄毛の悩みを改善できたり、新しく発毛させることができたりするAGA治療は、現在全国的にも専門クリニックが登場するなどして、治療を受けやすくなりました。

 

AGAの治療期間は、一般的は半年から1年ほどである程度の効果が見えてくると考えられています。これには個人差もありますが、確実に分かっていることはAGAの治療薬はどれほど体質に適していても、効果のあるものであったとしても、即効性は高くないという点です。

 

つまりAGAは治療期間を長く、継続的に治療薬を使用することによって、発毛させることができた毛根を維持できたり、その状況に本人が納得できたりした段階で治療が終了するといったことが多いようです。AGAの治療期間は、一概にどこが治療の終了であるとは言えないため、このような大まかな設定になってしまうことがあります。

 

AGAの治療期間に関するこれらの点については、事前のカウンセリングなどで自分の希望を伝えたり、専門クリニックであれば1ヶ月に一度といった定期的な通院の際に治療効果を判定したりしながら確かめていくことが大切と言えるでしょう。