AGAの治療薬にはどのような種類があるのか?

 

AGAは、自然治癒の難しい症状であると言われています。そのため、積極的に治療を受けようと考えた場合は、専門の医療機関の診断を仰ぐこととなります。

 

AGAの治療薬にはさまざまな種類がありますが、医師の正しい診断と指示のもとで使用することが大切です。AGAの治療薬は、使い方によって二種類に分けることができます。

 

「フィナステリド(プロペシア)」に代表されるような内服薬、「ミノキシジル」に代表される頭皮に直接つける外用薬とがあります。現在ではミノキシジルは薄毛の気になる箇所に直接注射する方法や、タブレットとして飲む内用薬としての使用方法も選ばれています。

 

また、医療機関によっては発毛や増毛の効果を高めるという目的で、ビタミン剤を利用する場合もあります。AGAの治療薬は保険適用外なうえに、効果を実感できるようになるためには最低でも半年以上治療を続けるべきであるとされていますから、費用を節約するためにジェネリック医薬品を活用するという方法もあります。

 

どちらにしても、現在の自分の状況に合わせた正しいAGAの治療薬の選択、使用が求められます。医師の診察を受けたり遺伝子検査をしたりすることによって、より正しい効果を実感できるようになるのではないでしょうか。